awsの運用会社選びのポイント

awsをオンプレミスで行う場合以外には、構築や運用を専門の会社に依頼する事になります。awsの運用会社は数多く存在しますが、選び方を間違うと運用開始後の失敗や思わぬ費用の発生、納期の遅れなどが出てしまいます。

特にセキュリティ面の失敗は許されることはなく企業の存続を危ぶまれる可能性もあります。幅広い機能を持つawsの運用会社を選ぶ際には、導入目的を明確にし、構築に長けたスキルを持ち合わせた会社選びが大事です。

aws運用のための会社選びは目的を明確にする事が大事

awsはアマゾンが運営するクラウドサービスで大手企業も利用する信頼と実績のあるサービスです。仕事の効率化や働き方改革を企業が進める中でクラウドサービスは欠かせない存在になりつつありますが、一番のリスクとなるセキュリティ面や既存のシステムとの連携など導入に対してクリアしなければならない課題もたくさんあります。

awsは多様なサービスと柔軟性のある仕様、そして汎用性のあるシステムであることから導入を決断する企業も少なくありません。awsの導入は比較的簡単と言われていますが、それでもシステム構築や運用の経験がない企業にとってはハードルが高いのが実情です。

そこでawsの運用や構築を専門の会社に依頼することになりますが、数ある会社のなかでどの会社を選ぶのかが重要なポイントになります。awsを導入するにあたっては導入目的と将来のビジョンを明確にしておく必要があります。

具体的にはawsを会社のシステムの中にどのように設計してどのような使い方をするのか、将来的にクラウドを活用して目指す方向性、そしてawsを導入するにあたりどのようなリスク回避をしたいのかなどです。awsは汎用性が高く柔軟性がある分範囲が広いため、すべての領域を活用するケースは希であり、利用する分野に長けた運用会社を選ぶのがベストです。

また将来設計を備えた構築を最初から進めることで無駄やムラを事前に回避することができます。

クラウド構築に強みがある会社

awsの運用会社の選び方のポイントを構築の強みの観点から紹介します。初めてクラウドを利用する会社におすすめなのがクラウド構築に強みのある会社です。そして会社選びの際にはクラウド構築だけでなく保守やメンテナンスも同時に行ってもらえる、運用パッケージが一体となったサービスを提供している会社を選ぶことがベストです。

クラウド構築はオンプレミスと呼ばれる自社で運用する事も可能ですが、24時間体制で監視をする必要があるなど運用上のランニングコストがかかる上に、知識や経験がないと運用保守リスクを回避できません。構築時の費用やサービス内容と一緒にランニングメンテナンス面も考慮して選ぶことが大事なポイントです。

株式会社ISAOなどクラウド構築に強みがある会社はawsだけに限らず様々なクラウドサービスを手がけているため、awsの利点や欠点を十分に把握しており、要件からawsを導入する価値の有無についてもアセスメントを行ってくれます。

また、将来的な運用設計を見据えたプランも導入前に考えてくれるため、要望内容を実現するための方策だけでなく、思いつかなかった方法論なども提案してくれ、より効率化を実現できる可能性もあります。クラウド実績導入の数や範囲が広い会社をセレクトするのがベストな方法です。

awsの機能を活かしたシステム構築に強みがある会社

既にawsを導入しておりawsの機能を活かして更なるステップアップを目的としている場合には、システム構築に強みがある運用会社を選ぶのがおすすめです。

会社選びのポイントはシステム連携だけでなく、システム構築をゼロベースで開発したことのある経験や運用実績を選ぶことです。awsは汎用性が高く、様々なシステムとの連携を図る事ができます。コンビニエンスストアをはじめとするPOSシステムや大規模なWebサイト上でのECサイトなどもシステム連携の応用例です。

aws機能を最大限活かすことで無限大のビジネスの可能性が広がります。システム構築に強みがある会社は大手企業のECサイトや顧客向けのWebシステムを手がけた経験がある、アイレット株式会社やハンズラボ株式会社、株式会社アイスリーデザインなどがおすすめです。

いずれの会社も大手企業のクラウドサービスの拡大に寄与し実績を上げているほか、クラウドのシステム構築で最大のリスクとなるセキュリティ対策にも長けているため、安心して構築を依頼することができます。構築規模によっては費用が高くなるケースがありますが、リスク対策費用と考えれば安いと考えることもできます。

業務システムにawsを組み合わせたクラウド構築に強みがある会社

既存の業務システムとの連携など、既にあるシステムとawsを結びつけて効率化や一元管理を目的としている場合には、awsを組み合わせたクラウド構築に強みがある会社を選ぶのがおすすめです。企業に導入されているシステムをawsに接続することで今まで社内でしか対応できなかった業務を社外や在宅でも対応することができるため、業務のスピードアップを実現できるなどの利点があります。

もちろん、今まで外部ネットワークを利用していなかった分、セキュリティ面が気になりますが、awsのセキュリティオプションを利用することで社内と同様のセキュリティレベルを確保する事も可能です。既存のシステムとの連携には、グローバルブレインズ株式会社や福島コンピューターシステム株式会社など数々の運用実績を持った会社に運用を依頼するのがおすすめです。

社内システムには人事データや給与データ、顧客データなど機密データも数多く含まれており、流出などの事故には十分配慮する必要があるため、セキュリティに長けた会社選びが大事なポイントです。また、社内システムの利便性が低下しては効率化とは逆行してしまう恐れもあるため、UIやプラットフォームのノウハウを持った運用会社を選ぶのも方法の一つです。

awsの運用会社選びで失敗しないためのポイント

awsの運用を依頼する際に最も多い失敗が費用面です。機材の不足や要件変更による上乗せ費用の発生など最初に合意した金額から増加し、予算オーバーに至ってしまう点です。これを防止するためには最初の設計が最も大事であらゆる事象を想定しておく事が大事なポイントであり、そのためには経験やノウハウなどが必要不可欠です。

実績のある運用会社を選ぶことで予期せぬ予算オーバーを防止し、納期通りに運用を開始できる確率が高くなることから、会社選びは慎重に行わなければならないのです。初期費用の安さや納期の短さだけにとらわれずに総合的に判断することがawsの運用会社選びの大事なポイントです。

awsの運用会社選びは経験とノウハウ、強みを判断軸にするのが大事

awsの構築や運用を依頼する会社を探す場合には、実績や経験、ノウハウなどをベースに導入目的に沿った強みを持った会社を選ぶことが大事です。

システム開発では予算オーバーという失敗事例が付きものです。少しでもそのリスクを回避するためには、初期段階での設計をいかに十分に行うかが大事なポイントであり、そのための必要要件は過去の実績と経験値なのです。

参考《aws運用代行 … CloudCREW》https://managed.gmocloud.com/managed/